ニュース

2017年06月05日


当社製品である超音波骨密度計LD-100が、
日本音響学会より技術開発賞を受賞しました。
表彰式は、5月29日全国家電会館にて行われました。



<受賞内容>
当社では、超音波を用いて骨密度だけでなく、骨の構造や性質に関わる数値を測定できる「超音波骨密度計LD-100」を世界で初めて開発し、医療機器の薬事承認を取得後、多くの医療機関や研究機関でご利用いただいております。 「超音波骨密度計LD-100」は、一般に用いられているX線測定と異なり、超音波を使用しているため被ばくの恐れが無く、安心・簡便に若年層や妊婦にも利用できます。骨減少の早期発見、早期治療が可能となるため、骨粗しょう症の予防用途へつなげてまいります。
この装置に用いている世界で初めてとなる超音波2波計測技術の高さが認められ、このたび日本音響学会より技術開発賞をいただきました。

超音波骨密度計LD-100の製品紹介は こちら
日本音響学会のページ(技術開発賞受賞業績・受賞者一覧)は こちら


本件に対するお問い合わせ先
応用電機株式会社 総務部
TEL:0774-56-0133
> お問合せフォーム