熊本事業部 開発グループ マネージャー 廣橋一則

転職の決め手は「人を大事にする」社風。いいコミニュケーションがいい「もの」をつくる。

自動車関連計測装置の開発プロジェクトマネージャーとして働いています。

廣橋一則

中途採用で応用電機に入り、2007年の春から、自動車関連の計測装置の開発に携わっています。
現在の役職は、開発部の部長。ハードウェアに関わる全ての開発プロジェクトを取り纏めるのが私の仕事です。
アナログ、デジタル、パワー系などさまざまな得意分野を持った技術者が自身の持ち味を生かし、こだわりをもって特色ある製品の開発に挑んでいます。皆がいろんな知識や経験を持ち寄ってアイデア創出し、ものづくりをする。
技術者同士が協調の中で成長できるいい職場です。

まず、「人」ありき。いいものづくりができる環境です。

廣橋一則

応用電機入社前は、応用電機と仕事上の取引のある会社に勤めていましたが、応用電機は事業部長に若い人材を登用するなど職場に活気があり、ビジネスパートナーとしても親しみやすい社風に魅力を感じていました。特長を一言で言うと「お客様だけでなく、社員一人一人を大事にしていること」です。それが社風でもあります。また社内のコミュニケーションが良く、製造・営業・開発の一体感も特徴の一つです。
九州には、半導体だけでなく自動車関連、太陽電池などの大手メーカーの製造工場が進出して来ています。市場の拡大に伴って、ビジネスチャンスはたくさんあります。

ものづくりで地球環境に貢献したい。

廣橋一則

単品生産ができるものづくりの強みを生かした最先端の計測装置の開発に取り組んでいきたいですね。マーケティングの強化であったり、開発部の増強であったり、課題は山積みですが、会社とともに成長していける実感があり毎日が充実しています。
応用電機の企業理念のひとつが「自然との調和」。仕事をする中で、常に環境保全に留意していますが、さらに今後は、エコロジーに能動的に働きかけるものづくりがしたいと思っています。太陽電池や風力発電などに興味を感じています。次世代によりよい地球環境を残すために自身が、会社が、貢献出来たらうれしいですね。

Copyright c 2016 OYO ELECTRIC CO.,LTD.
All Rights Reserved.